異世界レビュアーセイヤと宝箱

幼い頃、大切なものを収納した箱を「宝箱」といって大事に扱っていた経験はありませんか?私は、幼なじみがベコベコのダンボールに入れたおもちゃの箱に「たからばこ」と書いていたのを今でも忘れられません。なぜなら、私は本物の「宝箱」を知っているのですから。

この世界には宝箱という概念があるにも関わらず、実際の「箱」がないことを、私は今でも不思議に思っています。

異世界では家に必ずひとつは宝箱があります。
ダンジョンに出た勇者がアイテム不足やお金を手に入れるために家を訪れて、宝箱の中身を持ち出すという風習があるからです。
・・・この世界ではそれを「強盗」というのですがね。

異世界の住人は戦いに貢献することを誇りに思っているため、そのような考えには至りません。少ない量でも勇者のために、余った薬草や買い物をしたときのお釣りの小銭を入れて保管しています。
勇者たちはそれを見つけたとき、いつも安堵の表情と満面の笑みを浮かべながら住人に感謝の気持ちを述べてくれるそうです。
でも、もし勇者が家に訪れたときに宝箱がなければ、大切なものがどこにあるのかわからずに困ってしまいますよね。そうならないためにも、宝箱は必ず用意しておく必要があるのです。

今回ご紹介した宝箱。用途はご本人次第ですので、何を入れるかは自由です。この世界では勇者が家に上がり込んでくることもありませんからね。

インテリアとして使用すれば、家の中を高級住宅のようにガラリと雰囲気を変えてくれること間違いなしのアイテムですね。さて、あなたはこの「宝箱」に何を入れますか?